iOS7のコントロールセンター

作成者: hagimoto
[`evernote` not found]

iOS7では、コントロールセンターという機能が追加されました。画面の下端から上に向かってフリックすると、Wi-FiのON/OFFや画面輝度の調整などの設定パネルがせり上がってきて、いつでも設定変更できるというものです。

iPhoneなどのスマートフォンの場合、画面の下部に重要な操作ボタンが集中しています。これは、スマートフォンを片手で保持して、その保持している手の親指が無理なく届く範囲が画面の下の方に限られるからだと思われます。この重要なエリアに、明示的なボタンなどを示さずにフリックだけで動作する機能を追加することは、ユーザビリティ上明らかに危険なことです。ボタンを押すつもりで意図せずにコントロールセンターを呼び出したり、逆にコントロールセンターを呼び出すつもりが画面上のボタンを押してしまうという誤操作の発生を想像することは割と容易なことだと思います。

私自身iOS7のbeta版をインストールして試してみましたが、かなりの頻度で誤操作が発生しました。例えば、以下のような具合です。

幸い、重要なデータを誤って削除してしまったり、未完成のメールを送ってしまうというような取り返しのつかないエラーは体験しませんでしたが、あらゆるアプリ開発者は画面の下の部分に重要なボタンを配置するでしょうから、アプリによってはそのようなエラーが発生する可能性があります。それに、私自身の体験として、想像以上に誤操作の頻度が高く、かなりイライラするレベルでした。

Appleもこの問題は無視できなかったらしく、iOS7 beta5ではアプリの画面が表示されているときはコントロールセンターの機能が無効になる(ホーム画面やロック画面では有効)オプションを追加しました。でも、本来コントロールセンターは、よく使う機能にいつでもアクセスできることに意味があるので、アプリ画面で無効にするというこの対策は、正直”苦しい言い訳”のように思えます。そもそも、コントロールセンターで呼び出せる機能は、iOS6以前でもどこかにあったものばかり。そこに素早く迷わずにアクセスするのが難しいので、その対策としてコントロールセンターという機能が作られたものと推測されます。対策として用意された機能にさらに対策を講じなければないらないというのはいかがなものでしょうか。

上述の通り、この問題の大きな原因は、画面の下端を使ったことと機能の存在を明示的に示していないことにあると思われます。例えば、画面の上端には、やはりフリックで呼び出す通知センターという機能があるのですが、私がbeta版を使う中で誤操作したことは全くありません。これにコントロールセンターの機能も合体させることができれば、一応の解決策にはなると思います。ただ、通知センターもすでに盛りだくさんなので、画面スペース的にコントロールセンターの機能を追加するには何かしら工夫が必要となりそうです。また、画面の下端であったとしても、画面内にボタンなどの明示的なオブジェクトを置くかハードボタンにしてしまえば、これも有効な解決策となります。ただしこれは、Appleの設計ポリシーとして許容しがたいのでしょうね。

iOS7の最終版では、コントロールセンターはどんな扱いになるのでしょうか。私の勝手な想像では、アプリ画面で無効にできるというbeta5の対策のままではないかと思っています。でもいずれ、もっと違う形で解決策が示されるのではないかと期待しています。スマートフォンが多機能化していくことを考えると、いつでも機能を切り替えられるという仕組みは絶対に必要で、今でもコントロールセンター、通知センターの他に、ホームボタンシングルクリックでホーム画面、ダブルクリックで起動中のアプリ一覧、長押しでSiriなどがあります。でも、それぞれのやり方に一貫性はないのでユーザーがきちんと覚えておかなければいけませんし、コントロールセンターのように他のボタンと干渉して誤操作を招くことにもなりかねません。例えばホームボタンをハードボタンから画面内のボタンに変えれば、比較的無理なく複数の機能に飛ばすこともできるでしょう。小手先の対応ではなく、全体を見渡して構造をシンプルにまとめ直すという考え方の方がAppleらしいように思います。