Mavericksのスクロールバー

作成者: hagimoto
[`evernote` not found]

MacOS X Mavericksがリリースされたので、さっそくインストールしてみました。

さて、私はMacOSの前バージョンであるMountain Lionで、ずっと気になっていたユーザビリティ上の問題があります。

Mountain Lionでは、ウィンドウのスクロールバーは普段は表示されず、トラックパッドやマウスのホイールに相当する操作でスクロールを開始すると表示されるように仕様の変更が行われました。この時、ウィンドウ内がリスト表示になっていると、一番下の項目の上に横スクロールバーが重なってしまうので、スクロールバーの表示が消えるまで一番下の項目が選択できませんでした。

その様子を動画で見てみましょう。

この問題、私はしばしば体験しているのですが、なかなかのストレスでした。ユーザーの不満というのは、こういうちょっとしたことの積み重ねからイライラへ、挙句の果てにはメーカーに対する不信感へとつながっていくものです。軽く考えるわけにはいきません。

ところが、Mavericksを使ってみたところ、上記のストレスを感じませんでした。よく調べてみると、スクロールバーを表示させる方法が変更されていることに気づきました。縦スクロールのときは縦スクロールバーのみ、横スクロールの時は横スクロールバーのみが表示されるようになっていました。ということは、少なくとも縦スクロール時には、スクロールバーが邪魔になって一番下の項目が選べないという問題は発生しません。

こちらも動画で確認しましょう。

残念ながら、横スクロール時には、Mountain Lionと同様、一番下の項目がスクロールバーに隠れてしまう問題が残っています。このようなケースがどのくらい発生するかは、ユーザーの使い方に依存すると思いますが、私の場合はあまり経験がありません。

このスクロールバー表示についての仕様変更は、私が気にしていた問題を解決する狙いで行われたのかわかりません。ただ、私の知る限りAppleは、派手なエクスペリエンスの変更や機能追加以外に、こういった地味な改善もよく行っています。

今、スマートフォンアプリやWebサイトを開発している方たちも、ぜひ一見地味な問題にも目を向けて改善を心がけていただきたいと思います。

タグ: ,
カテゴリー: