「キトヒトデザイン」の名前の由来は「機と人デザイン」です。

今世の中で作り出されている機器やサービスは、全てユーザーや顧客(=人)のためのものです。言い換えれば、機器やサービスを作り出す時には、それを利用する人のことを意識しないわけにはいきません。このような考え方はとりわけ近年高まりを見せており、様々な言葉で呼ばれています。

  • ユーザーインタフェース
  • ユーザビリティ
  • ユーザーエクスペリエンス
  • 顧客満足度
  • 人間中心設計
  • 人間工学
  • 感性工学
  • ユニバーサルデザイン
  • アクセシビリティ
  • ユーザーニーズ
  • ペルソナ

それぞれの分野や着眼点の違いによって呼び方は異なりますが、いずれも利用する人のことを踏まえたうえで機器やサービスを開発することを提唱するものです。

弊社は、この考え方に全面的に賛同し実践していくという気持ちを込めて「機と人デザイン」という造語から社名を決めました。