ユーザーニーズ関連

ユーザーに提供される製品やサービスは、そもそもユーザーのニーズにあったものである必要があります。このようなユーザーニーズを探るためには、インタビュー、グループインタビュー、アンケートなどが有効です。

また、最近のモノづくりではイノベーション(革新)が重視される傾向があり、そのためにはユーザー自身も気づいていない潜在的なニーズを見つけ出すことが必要となってきます。この場合、ユーザー自身が気づいていないことなので、アンケートではいい結果が得られません。ユーザーの日常の様子をつぶさに観察するエスノグラフィーという方法を用いるのがよいでしょう。